電気電子工学専攻

電気電子工学専攻は、電気・電子・通信工学の高度な基礎知識を体系的に理解し、情報通信分野および電気システム分野において、高度な専門的知識からの発想力で複雑化する問題の解決に取り組み、将来に向けて新たな社会価値を創り出すことのできる技術者・研究者を育成することを目的としています。例えば、地球温暖化を防止するための低炭素電気エネルギーシステム、情報爆発に対処できる情報システムと通信技術、グローバル化に依る利便性と表裏の関係にある安全・安心な社会基盤システムを創り出せる人材です。そのために本専攻は次の二つのコースを設けています。

情報エレクトロニクスコース

情報エレクトロニクスコース情報通信技術の高度化を牽引する各種の先端電子デバイスとシステム集積化技術、及びその利用技術の研究開発を通して関連産業の発展に貢献する高度専門技術者、ならびに、次代のエレクトロニクスの創成と新応用分野の開拓を先導できる研究者・技術者を養成するコースです。

電子デバイス工学講座

高度の機能をもつ革新的な電子デバイスの創成は、今後の情報通信社会の発展の原動力です。本講座は、新しい電子デバイスの創成に必要となる半導体、磁性体、誘電体、有機材料などの基本物性とナノメートル領域での制御、およびそれらの電子・磁気・光・バイオ機能デバイスへの応用、ならびにデバイス化するためのナノテクノロジーに関して理論および実験の両面から教育研究を行います。

集積電子システム講座

集積回路(LSI)に代表されるように、電子デバイスの機能を発揮させ社会的に価値あるものにするには、システムとして集積化することが不可欠です。本講座は、情報通信システムの基本要素である検知、記憶、演算、通信、表示機能をもつデバイスを集積化して新しいシステムを創成するために必要な、半導体集積回路の設計とプロセス技術、無線通信等の情報伝送技術、情報表示システム化技術、電子・光融合システムなどの構築技術に関する教育研究を行います。

電気システム工学コース

電気システム工学コース省エネルギー・環境問題を解決するための先端的な電気電子要素技術やエネルギー制御システム、及び社会基盤の高機能化に対応するための新概念に基づくシステム化の研究開発を通して、次世代の電気システムに携わる研究者・技術者を養成するコースです。

計測制御工学講座

本講座では、多機能化、複雑化した電気電子システムを、容易な操作性によって極めて高度に制御するための、先端技術に関する教育を担当します。すなわち、メカトロニクスから次世代電磁システム、社会システムに至る多様なシステムを対象とし、その最適設計とインテリジェント化のための基盤技術となる、先端計測・センシング技術、信号処理、システムのモデリング・同定、新しいパラダイムに基づく制御理論、等に関する教育研究を行います。

エネルギー応用システム工学講座

本講座は、高度情報化社会の基盤となる電気エネルギーの発生・輸送・変換・貯蔵に関する教育研究を担当します。さらに、制御性に優れ他のエネルギーへの変換が容易な電気エネルギーの特徴を生かした電気機器、パワーエレクトロニクス機器、電磁エネルギー変換システム、高電圧パルスパワーシステムなどを対象に、電気エネルギーの応用に関する教育研究も行います。

超伝導システム工学講座

本講座は、超伝導の優れた電磁気的特性を各種の電気・電子システムに応用して、省エネルギーで環境問題を解決するための先端的な電気・電子システムの基盤技術の確立を目指します。超伝導に関する基礎科学、超伝導線材・導体の電磁特性、超伝導マグネット・電力機器、超伝導センサなど、超伝導を利用したエネルギー・エレクトロニクスシステムに関する教育研究を行います。

電気エネルギー環境工学講座(寄附講座)

再再生可能エネルギー(太陽光、風力など)や燃料電池などを有効利用する未来型電気エネルギーシステムの構築や電力自由化環境下での不確定性に対応可能な電力系統の安定化制御方式の実現を目指します。このため当講座では、電力・電力系統工学、エネルギー環境工学や、電力系統の電圧、周波数、安定度制御手法に関する教育研究を行います。

在学生・修了生の声

在学生

学生写真

Q1 システム情報科学府を選んだ理由は?
学部時代にさまざまな授業を履修する中で、半導体に対する興味がだんだんと湧いてきました。半導体の応用は多岐にわたっており、私たちの生活をいたるところで支えています。最近目にする機会も増えた、太陽電池もその1つです。私も半導体を用いたデバイスを作製、研究してみたいと思い、今のコースを選びました。

Q2 どんな研究をしていますか?
現在は光を当てることで発電し、その電気を蓄えることのできる光蓄電池に関する研究を行っています。一般的な太陽電池は光が当たっているときのみ電流が流れますが、光蓄電池なら光を消しても電流を流すことができます。現時点では変換効率が低い、容量が少ないなどの問題があり、まだまだ試行錯誤を続けています。

Q3 学生生活の中で印象に残ったことは?
研究は忙しく、思うように進むものではありません。そこで研究の合間を縫って、友達とよくドライブに出かけます。伊都キャンパス周辺には観光スポットやおいしいお店が多く、なにより車内での仲間との会話が最高のストレス発散になっています。

Q4 今後、システム情報科学府を目指す人へのメッセージを。
大学では先生方から教えてもらう立場でしたが、大学院では自ら率先して研究を進めなければいけません。また講義や学会など人前で発表する機会も増えます。自分が何に興味があるのか考え、本気で打ち込める研究にぜひ出会ってください。

学生写真

Q1 システム情報科学府を選んだ理由は?
もともと高専出身で九大工学部の電気情報工学科に編入し、これまで主に情報・通信について学んできました。しかし電気システムの分野に興味がわき、システム情報科学府のカリキュラムが魅力的だったことからこのコースを選びました。

Q2 どんな研究をしていますか?
私の所属する研究グループは、カーボンナノチューブ(CNT)を複合材料のフィラー材として使用し、電界によりCNTを配向させることで母材の特性をより向上させることを目的に研究を行っています。将来、透明な高導電性フィルムの作製に成功すれば、FPD(フラットパネルディスプレイ)やタッチパネルに使われ主成分であるインジウムの枯渇問題が深刻化するITOの代替材料として使用することができるのではないかと考えています。

Q3 学生生活の中で印象に残ったことは?
平日は講義や実験、週2回のゼミが中心で、休日はファミレスでアルバイトをしています。週末には仲間と飲んだり、暇があれば学内のジムで身体を鍛えたり、キャッチボールをしたりとリフレッシュも充実しています。また毎年恒例の研究室のイベント(春の遠足やゼミ旅行、ソフトボール大会など)はすごく楽しいです。

Q4 今後、システム情報科学府を目指す人へのメッセージを。
電気システム工学コースは、昨今注目を集める電気自動車やスマートグリッド、超伝導やレーザー、パルスパワーなど幅広い研究テーマがあり、次世代の電気システムに携わる研究者・技術者を目指す方にとって刺激的かつ魅力的な環境だといえます。そんな次世代技術に興味のある方、ぜひシステム情報科学府で共に学びましょう。

修了生

修了生写真

みなさまこんにちは。私は九州大学で電気、電子、情報、光といった分野を学び、現在トヨタ自動車にて工場の品質管理業務を行っています。今の仕事には電気以外にも機械や化学、統計学など様々な知識が求められ、就職しても勉強することばかりですが、大学で学んだ電気や情報処理のスキルは現在も役立っており、どの業界でも必要とされる能力ではないかと思います。

また、大学ではサークルやバイト、学会などの場で、高校の頃よりもぐっと多くの人と接する機会が増えます。九州大学には文系・理系それぞれ多くの学科があり、それぞれの学科で全国の優秀な学生が集まるので、他の大学以上に幅広い人材と接することができます。私は大学で学ぶべきこととして、“ある分野の専門知識を身につけ、その分野のスペシャリストとなること”、“いろいろな分野のスペシャリストとコミュニケーションを取ることで自分の考えの幅を広げること”のふたつが大事なことだと思っており、大学・大学院の6年間でそういった経験を積むことができたのは非常に良かったと思っています。九州大学には学問を深く学ぶ環境、そして多くの人とふれあい自身が成長する機会が多い環境があることを、これから大学を目指す方に少しだけでも知っていただけたら幸いです。

カリキュラム

授業科目一覧






確率・統計特論
線形代数応用特論
先端情報社会学特論
ICT社会基盤デザイン特論
システム情報科学実習
実践科学英語
一流学・異文化交流学










電気電子工学演習第一
電気電子工学演習第二
電気電子工学演習第三
電気電子工学特別研究第一
電気電子工学特別研究第二
電気電子工学特別研究第三



【基礎・電気システム工学分野】
電子回路工学特論
回路解析・設計演習
計測工学特論
ロバスト制御系設計特論
【基礎・情報エレクトロニクス分野】
電子材料基礎特論
半導体デバイス基礎特論
半導体デバイス基礎特論演習
集積回路設計基礎特論
集積回路設計基礎特論演習
【電気システム工学分野】
電気エネルギー工学特論
電磁エネルギー工学特論
超伝導工学特論
超伝導エレクトロニクス特論
電気エネルギー環境基礎特論
【情報エレクトロニクス分野】
磁性電子工学特論
バイオ電子工学特論
高周波デバイス工学特論
ナノプロセス工学特論
光・量子デバイス基礎論
ナノ光情報デバイス工学特論
有機エレクトロニクス特論
スピントロニクス工学特論






【電気システム工学分野】
電磁エネルギー変換特論
電磁エネルギー応用特論
超伝導電磁工学特論
電気エネルギーシステム工学特論Ⅰ
電気エネルギーシステム工学特論Ⅱ
電気エネルギー応用特論
スマートシステム工学特論
【情報エレクトロニクス分野】
LSIデバイス物理特論
ワイヤレス通信特論



情報学分野
システム設計分野
情報デバイス分野
システム生命科学分野
分子デバイス分野
サイバーセキュリティ分野
(各分野の科目については各分野拡充科目リスト参照)













計算論
グラフ理論・組み合わせ論
アルゴリズムとデータ構造
情報理論
暗号と情報セキュリティ
認知科学
記号論理
データマイニング特論
ゲーム理論
情報学特別講義
情報知能工学特別講義
電気電子工学特別講義







プログラム設計論特論
コンピュータシステム・アーキテクチャ特論
システムソフトウェア特論
情報ネットワーク特論
暗号と情報セキュリティ特論
パターン認識特論
情報学特別講義
情報知能工学特別講義
電気電子工学特別講義







コンピュータシステム・アーキテクチャ特論
システムソフトウェア特論
IoTシステム特論
知能ロボティクス特論
ロバスト制御系設計特論
計測工学特論
電子回路工学特論
情報学特別講義
情報知能工学特別講義
電気電子工学特別講義







コンピュータシステム・アーキテクチャ特論
システムソフトウェア特論
システムLSI設計支援特論
IoTシステム特論
半導体デバイス基礎特論
集積回路設計基礎特論
高周波デバイス工学特論
情報学特別講義
情報知能工学特別講義
電気電子工学特別講義







電子回路工学特論
計測工学特論
ロバスト制御系設計特論
電子材料基礎特論
半導体デバイス基礎特論
半導体デバイス基礎特論演習
集積回路設計基礎特論
集積回路設計基礎特論演習
回路解析・設計演習
情報学特別講義
情報知能工学特別講義
電気電子工学特別講義




数理モデル概論
最適化理論基礎・演習
数理科学Ⅰ
数理科学Ⅱ
計算数理学Ⅰ
計算数理学Ⅱ
数論大意
組合せ論大意
微分幾何学大意
確率論大意
統計数理学大意









生命情報科学Ⅰ
生命情報科学Ⅱ
生命情報電子計測特論
生命情報統計学特論
生命情報データ処理特論
生命情報システム特論
生命情報学習特論
生命機能制御情報特論
認知神経科学特論
脳情報科学特論Ⅰ
脳情報科学特論Ⅱ












アントレプレナーシップ・マーケティング応用(特論)
Advanced Lecture in Research Skills Development (English)
ベンチャー・ファイナンス(特論)
Advanced Lecture in Global Seminar (English)
ビジネスにおける競争優位性(特論)
産学連携PBLプログラム(特論)
技術系アントレプレナーシップ(特論)
コーポレート・アントレプレナーシップ(特論)
地域政策プロジェクトデザイン
起業価値評価(特論)







デバイス基礎
分子システム基礎
デバイス科学
デバイス応用学(Ⅰ)
デバイス応用学(Ⅱ)
分子システム学
分子システム応用学(Ⅰ)
分子システム応用学(Ⅱ)











暗号と情報セキュリティ
情報理論
ネットワーク工学
データマイニング特論
プログラム設計論特論
暗号と情報セキュリティ特論
情報ネットワーク特論
情報システムセキュリティ演習
セキュリティエンジニアリング演習