情報知能工学専攻

発展著しいシステム情報科学分野における体系的な教育システムを強化するため、情報知能工学専攻では、「高度情報化社会は計算機技術、情報通信技術、実世界情報処理技術の融合による情報基盤技術の確立によって支えられる」という認識のもと、これら情報基盤技術を専門とし、高度情報化社会の礎となる高級技術者、研究者を養成しています。また、密接に関連する領域を系統的に履修する教育システムの導入により、情報基盤技術およびその関連分野にわたる広い視野を持つ技術者、研究者の養成を目指しています。上記の理念を実現するために、本専攻に先端情報・通信機構学、高度ソフトウェア工学、実世界ロボティクス、先端分散処理機構、実エンベデッドソフトウェア開発工学(連携講座)の各講座を設置しています。また、修士課程には、修得する専門性に応じて、以下に示す知的情報システム工学コースと社会情報システム工学コースという2つの教育プログラムを開設しています。

先端情報・通信機構学講座

本講座は、情報通信に関するハードウェアシステムの教育研究を担当しています。対象は2つに大別され、1つは計算機ハードウェアに関連するものであり、論理設計、集積回路システム設計技術、先端的計算機アーキテクチャ等が対象です。もう1つは、通信システムに関連するものであり、OSI 参照モデルの全階層にわたる広範囲な課題 (無線通信、移動通信、光通信、変復調、伝送エラーの制御、交換等)が対象です。

高度ソフトウェア工学講座

本講座は、社会基盤を支える情報処理技術、特に先端的なソフトウェア技術に関する総合的な教育研究を担当しています。すなわち、大規模な社会基盤を支える高度な計算機ソフトウェアならびに組込みシステム/ソフトウェアの設計・開発技法と支援技術、システムソフトウェア設計技法、プログラミング言語の設計と処理系構築手法、等に関する教育研究を行います。

実世界ロボティクス講座

本講座は、複雑で時々刻々変化する実環境からの情報獲得や、人間に対する様々なモードの働きかけなど、ロボットや情報システムが人間の多様な活動を支援するために不可欠な先端的技術を確立することを目指しています。このため、人工知能と知識処理、ロボティクス、高度環境センシング、パターン認識、映像/マルチメディア処理など、様々な実世界情報処理技術に関する教育研究を担当しています。

先端分散処理機構講座

ネットワークを利用した先端的な分散型応用の需要に対応するため、本講座は特に、広域ネットワーク上に大量に分散して存在するデータを処理するために必要となる最先端技術の教育研究を担当しています。具体的には、高度検索技術、超分散グリッドシステム、次世代インターネットといった新しい技術などを対象として、その基礎理論だけでなく、具体的、実践的な教育研究を行います。

実エンベデッドソフトウェア開発工学講座(連携講座)

近年、ますます重要となっている組込み(エンベデッド)ソフトウェアの教育研究を担当しています。本講座は、(株)ルネサスソリューションズとの連携により、実践的な教育を通じて、高いスキルをもった人材を育成することを目的としています。

知的情報システム工学コース

知的情報システム工学コース知的情報システム工学コースでは、国際的な視野を持ち、高度情報化社会のための先端技術を自ら開発できる能力を持った研究者・技術者を養成します。この大目的ために、計算機技術を基礎として、高度ハードウェア、高度ソフトウェア、情報通信技術、実世界情報処理技術に関する専門知識を修得し、さらに各研究室において世界トップレベルの独自研究を遂行します。

知的情報システム工学コースのカリキュラムでは、単位数を国際的水準に設定しており、教育の質の保証を図っています。コア科目(基礎科目)においては、これまでの講義形式と実験・実習を組み合わせた新しい授業を制度化しており、知的情報システムに関する実践的な知識の体得が可能となっています。また、情報学専攻やシステム生命学府などにおける科目を拡充科目として受講することで、情報の理論的基礎の習得や生命現象の情報科学的理解が可能となっており、社会の多様な要請に対応するための知識増強を図れます。

さらに、冒頭で述べた大目的のために、情報知能工学演習第一~第三を必修科目としています。これらは各自の研究遂行のための必須ステップとして位置づけられており、それぞれ以下の目的を持っています。

  • 演習第一:高度な技術者・研究者に第一に必要となる能力,すなわち「目標の発見,および目標を達成するための道筋の構築」に関する能力を培います。具体的には、各自が修士課程で取り組む研究テーマについて、国内外の関連研究について調査・分析し、解決すべき問題点について報告します。
  • 演習第二:創造性に富み、国際的視野を持った、提案型・問題発見型の技術者・研究者を育成することを目的とします。具体的には、各自が取り組んでいる研究テーマに関して、国内外におけるこれまでの経緯、テーマの実施現状、今後の課題等を調査・分析し、その結果を発表します。
  • 演習第三:これまでの研究成果に基づいて、国内学会や国際会議等での対外的発表を行います。その過程を通じて、我が国をリードする技術者・研究者に必要な発表能力や討議能力を培います。

 

知的情報システム工学コースでは、基礎的な数学と情報科学・計算機工学に関する学力を持つと共に、以下のような志を持った学生を受け入れます。

  • 先端技術の研究開発を通じて高度情報化社会実現に貢献する志を持った学生
  • 数学などの基礎理論と専門知識の両方の修得を目指した学生
  • 思考による理解だけでなく、技術の実践的体得にも積極的な学生

社会情報システム工学コース

社会情報システム工学コース大規模なチームによるシステム開発(技術の企画、設計、構築、運用)やマネジメントの方法論を学ぶための PBL: Project-Based Learningを中心に据え、情報化社会を先導する広い視野と社会基盤を支える技術を持つ実践的高度情報通信技術者を養成します。
20世紀後半の情報通信技術 (ICT) の急激な発展と変化は、多くの社会的な組織 (企業、政府、教育機関など) のあり方を根源的に変化させてきました。生産や設計の方法、サービスのあり方、教育の手法など、その影響は多岐にわたり、社会制度や社会構造自身の本質的な変化を引き起こそうとしています。今やICTは、各種社会システム(行政、経済、金融、通信、交通、物流、教育など)を支える基盤技術として、その存在はまさに社会基盤の中核となっていると言っても過言ではありません。その中で、産業界では、次の世代を担う優秀な情報通信技術分野の人材の不足が深刻な問題となっています。

そのような状況の下、九州大学は、文部科学省「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」(平成18年度〜平成21年度) の育成推進拠点6拠点の1つとして選定されました。また、九州大学は社団法人日本経済団体連合会 (経団連) の重点協力拠点2校の1つにも選定されています。社会情報システム工学コースでは、この文部科学省プログラム終了後も、経団連、九州工業大学、熊本大学、宮崎大学、福岡大学との協力体制の下、教育を行っており、最先端のIT知識に加え、現行教育で不足していると言われる、次の能力を身につけてもらうことを目的としています。

  1. 社会の中で技術を企画、設計、構築、運用する能力や知識
  2. 大規模なチームによるシステム開発やマネジメント
  3. リーダーシップやコミュニケーション力

具体的には、産業界や他の大学と連携し、実際にシステム開発プロジェクトに参加しながら学ぶPBLの科目を充実させています。講義科目の内容は、実践的科目だけでなく、ICT教養・哲学系科目、ICTヒューマンスキル系科目も設けることで、全人格的な育成も図っています。さらに、実際に企業に派遣して実務を経験しながら学ぶインターンシップや、産業界のスタッフが学習の方向性や進路等についてアドバイスを行うメンター制度も設けています。さらに、PBL発表会を始めとした各種の発表会や報告会を通して、現実社会に沿った貴重な意見を受けられるだけでなく、一流の企業人・大学関係者たちとの交流を深めることができます。

在学生・修了生の声

在学生

学生写真

Q1 システム情報科学府を選んだ理由は?
高校生のときからプログラミングやロボットに興味を持っており、大学4年生の時の研究室配属でロボットに関係した研究を行っている研究室に入りました。学部4年生の1年間研究をしていくうちに、研究をしっかりとやりたい、もっと専門的な知識を学びたいという気持ちを持ちました。そこで研究もでき、専門知識もしっかり学ぶことができる現在の専攻・コースを選びました。

Q2 どんな研究をしていますか?
人とロボットが共生する社会の実現を目指した研究を行っています。具体的には部屋に設置したレーザセンサやカメラから情報を得て人やロボットなどの移動体の位置を推測し、ロボットに情報を提供するシステムを作っています。これにより複数のロボットが情報を共有し、連携をとったサービスを提供することができるようになります。

Q3 学生生活の中で印象に残ったことは?
学部のころからバスケットボールサークルに所属しており、院生になった今でも週2回活動しています。また研究室の友人ともよく飲みに行ったり遊びに出かけたりしています。毎年開催されている学府のソフトボール大会に向けて研究の合間にみんなで練習してします。

Q4 今後、システム情報科学府を目指す人へのメッセージを。
自分の選択した講座の分野だけでなく、様々な分野を学ぶことができます。また、しっかりと研究の時間をとることができるので、自分のスキルを着実に伸ばすことができると思います。

学生写真

Q1 システム情報科学府を選んだ理由は?
高専、専攻科を通して、私は情報の分野を学んできました。その当時研究していたのは画像処理だったのですが、それにとどまらずさらに広い分野で情報に関する知識を得、さらに専門的な研究を行いたいと思いましたので、現在の専攻・コースを選びました。

Q2 どんな研究をしていますか?
私が現在取り組んでいるのは、二次元レーザレンジファインダを用いたトンネル内三次元形状計測システムの開発です。レーザレンジファインダとは、レーザ光を照射し対象物までの距離を計測することのできるセンサです。日本は島国で山の多い地形ですので、全国の交通網には多数のトンネルが存在しています。このトンネルが何らの事情により通行ができなくなると、人・物の物流が滞り経済活動に影響を与えます。そのため建設する際の正確な建設、及び運用段階での適切な管理は非常に大切です。そこで、レーザを用いてトンネル内の三次元形状を計測、コンピュータ上で三次元のモデルとして再現し設計データと比較するシステムを開発しています。このシステムはトンネルの現状の出来形と設計データとの差異をソフトウエア上に提示することで、正確な建設、適切な管理を実現します。

Q3 学生生活の中で印象に残ったことは?
大変だったことは、修士1年のときの演習です。自分の研究に関係のある論文を3つ調査し、発表するという内容でした.そのときは、英語の論文を読み理解することに非常に苦労しました。また、発表時間が30分ほどで、それほど長い時間の発表をしたことがなかったので、発表の準備をすることも大変でした。演習前は数日泊まり込みで準備をしていましたが、今では良い思い出です。

Q4 今後、システム情報科学府を目指す人へのメッセージを。
私は、研究を通して様々な経験をさせて頂き、多くのことを学び成長することが出来ました。この専攻を目指されている方も、この専攻に入学し多くのことを経験して、自分自身の成長に繋げてください。

修了生

卒業生写真

みなさん、こんにちは。
私は2005年に情報工学専攻の修士課程を修了し、(株)デンソーに入社しました。教育期間を経て今の職場に配属となりましたが、それからずっと車載通信ソフトウェアの設計/開発に従事しています。もしかすると、みなさんが乗られている車の中で、私の設計したソフトウェアが動いているかもしれませんね。

そんな私ですが、今でも学生のみなさんと直接お話することがあります。そんなとき、「大学で学んだことは、仕事で役に立ちますか?」という質問をよく受けます。私の答えは”Yes”です。

仕事とは「答えのない問題に立ち向かい、上司や同僚と協力しながら解決していく」ことであると思います。大学には、そのためのエッセンスを身に付ける機会がふんだんに準備されています。講義を受身で受講しているだけだと、得られるものは少ないかもしれません。教わったことに対して自分なりに「なぜだろう」と考えてみたり、研究テーマについて先生や先輩と積極的に議論していくことで、将来につながる経験を積むことができます。

システム情報科学府には、みなさんをステップアップさせてくれる素晴らしい授業、スタッフ、仲間が揃っています。恵まれた環境を大いに活用して考える力とコミュニケーション力を養い、みなさんにとってかけがいのない財産にしてください。

カリキュラム

授業科目一覧






確率・統計特論
線形代数応用特論
先端情報社会学特論
ICT社会基盤デザイン特論
システム情報科学実習










【知的情報システム工学コース】
情報知能工学演習第一
情報知能工学演習第二
情報知能工学演習第三
情報知能工学講究第一
情報知能工学講究第二
情報知能工学講究第三
情報知能工学特別研究
【社会情報システム工学コース】
PBL第一
PBL第二
PBL第三
社会情報システム工学インターンシップ
情報知能工学特別研究



プログラム設計論特論
コンピュータシステム・アーキテクチャ特論
システムソフトウェア特論
情報ネットワーク特論
暗号と情報セキュリティ特論
デジタル通信基礎論
パターン認識特論






【社会情報システム工学分野】
ソフトウェア工学特論
分散システム特論
ソフトウェアプロセス特論
組込みシステム特論
組込みシステム演習
プロジェクトマネジメント特論
モデル駆動開発特論
【計算機ソフトウェア分野】
ソフトウェア工学特論
分散システム特論
組込みシステム演習
グローバル情報通信技術特論
ソフトウェアプロセス特論
【情報・通信機構分野】
システムLSI設計支援特論
IoTシステム特論
デジタル通信特論
組込みシステム特論
モデル駆動開発特論
【実世界情報処理分野】
データサイエンス概論第一
データサイエンス概論第二
データサイエンス演習第一
データサイエンス演習第二
映像解析特論Ⅰ
映像解析特論Ⅱ
知能ロボティクス特論
ヒューマン・インタフェース
知能情報機械制御特論



情報学分野
電気電子工学分野
数理学分野
システム生命科学分野
アントレプレナーシップ分野
サイバーセキュリティ分野
(各分野の科目については各分野拡充科目リスト参照)













計算論
グラフ理論・組み合わせ論
アルゴリズムとデータ構造
情報理論
暗号と情報セキュリティ
認知科学
記号論理
データマイニング特論
ゲーム理論
情報学特別講義
情報知能工学特別講義
電気電子工学特別講義







プログラム設計論特論
コンピュータシステム・アーキテクチャ特論
システムソフトウェア特論
情報ネットワーク特論
暗号と情報セキュリティ特論
デジタル通信基礎論
パターン認識特論
情報学特別講義
情報知能工学特別講義
電気電子工学特別講義







コンピュータシステム・アーキテクチャ特論
システムソフトウェア特論
IoTシステム特論
知能ロボティクス特論
ロバスト制御系設計特論
計測工学特論
電子回路工学特論
情報学特別講義
情報知能工学特別講義
電気電子工学特別講義







コンピュータシステム・アーキテクチャ特論
システムソフトウェア特論
システムLSI設計支援特論
IoTシステム特論
デジタル通信基礎論
半導体デバイス基礎特論
集積回路設計基礎特論
高周波デバイス工学特論
情報学特別講義
情報知能工学特別講義
電気電子工学特別講義







電子回路工学特論
計測工学特論
ロバスト制御系設計特論
電子材料基礎特論
半導体デバイス基礎特論
半導体デバイス基礎特論演習
集積回路設計基礎特論
集積回路設計基礎特論演習
回路解析・設計演習
情報学特別講義
情報知能工学特別講義
電気電子工学特別講義




数理モデル概論
最適化理論基礎・演習
数理科学Ⅰ
数理科学Ⅱ
計算数理学Ⅰ
計算数理学Ⅱ
数論大意
組合せ論大意
微分幾何学大意
確率論大意
統計数理学大意









生命情報科学Ⅰ
生命情報科学Ⅱ
生命情報電子計測特論
生命情報統計学特論
生命情報データ処理特論
生命情報システム特論
生命情報学習特論
生命情報数理モデル特論
生命機能制御情報特論
認知神経科学特論
脳情報科学特論Ⅰ
脳情報科学特論Ⅱ












イノベーション・マネジメント
Advanced Lecture in Technology Marketing Game (English)
ビジネスにおける競争優位性(特論)
アイデア・ラボⅡ
アントレプレナーシップ・組織論応用
アントレプレナーシップ・戦略論基礎
デザイン思考
ニュービジネス・クリエーション

 








デバイス基礎
分子システム基礎
デバイス科学
デバイス応用学(Ⅰ)
デバイス応用学(Ⅱ)
分子システム学
分子システム応用学(Ⅰ)
分子システム応用学(Ⅱ)











暗号と情報セキュリティ
情報理論
ネットワーク工学
データマイニング特論
プログラム設計論特論
暗号と情報セキュリティ特論
情報ネットワーク特論